銀座4丁目交差点、銀座駅より徒歩30秒の歯科。土曜診療、日曜診療、祝日診療、休日診療を 実施。口コミで評判の歯科医院

ホーム>セラミックによる審美治療

セラミックによる審美治療

セラミックによる審美治療

虫歯治療の銀歯や、金属の詰め物、かぶせものなどが気になる場合には、 セラミックを使用して、白く美しい歯にすることができます。
ホワイトニングでご希望の白さを得られなかった方や、金属アレルギーが気になる方の場合にも、セラミックが選択されています。

歯を白く整えるセラミックの歯科治療

セラミック

上の写真の下側の歯のように、歯と歯の隙間が気になる場合には、セラミックを使用することで、歯列矯正を行わずに、短期間で歯並びを整えることができます。
また、ホワイトニングだけでは白くすることが難しい症例や、銀歯、古い治療物なども、短期間で美しい歯にすることが可能です。


セラミックで、より白く美しい歯に

セラミック2

セラミックは詰める治療、かぶせる治療、さし歯の治療などに使用されます。また、セラミックを薄く、歯の表面に貼り付けることで、歯並び、色ともに、美しい歯にすることができます。
芸能関係の方などの、陶器のように真っ白に整った歯は、セラミックである場合がほとんどです。
歯科で用いるセラミックは、医療用のファインセラミックで、硬度が高く、精密な治療物を作成することができます。透明感のある美しさのが特徴で、長く使用しても、レジン(歯科用強化プラスチック)のように変色しません。人体に優しく、金属アレルギーの原因にもならない材料です。


セラミック3

▲金属の詰め物を、セラミックの詰め物・セラミックインレーに代替した例です。大きな口をあけたり、笑うと見えてしまう奥歯の銀を、白く美しくできます。

セラミック4

▲時間の経過と共に黄ばみ、歯ぐきとの境にブラックマージンが出来てしまった、審美的に問題のある差し歯(右上)です。セラミックで、色、形ともに美しい差し歯にすることができます。

セラミック5

▲歯の形がいびつになり、変色している症例です。歯の表面をごく薄く削り、セラミックを表面に貼り付けるとこで、整った歯並び、白い歯を数回の治療で実現します。

ホワイトニングとセラミックの比較

画像

歯を白く、というと真っ先に思い起こされるのは、ホワイトニングではないでしょうか。

ホワイトニングは、歯を白くする効果的な方法の一つですが、天然の歯を白くする処置のため、もとの歯質や色味によっては、ホワイトニングで希望の白さを実現できない場合があります。その様な場合には、セラミックを用いて歯を白くすることができます。

また、ホワイトニングの場合には、毎日の食生活等によって、着色汚れが再付着することから、色の後戻りが徐々に生じてしまいます。セラミックは変色しない歯科材料のため、後戻りの心配はありません。

セラミックとホワイトニングの上手な使いわけ

ホワイトニングの場合は、金属の治療物や、過去の治療物が黄色く変色してきた部分を、白くすることはできません。白くできるのは天然の歯だけです。 また、歯の着色の度合いや原因によっては、ホワイトニングでは効果が得にくい場合があります。

お口の中を総合的に見て、歯の一部が変色していたり、金属だったりすることは、審美的に良い状態だとはいえません。ホワイトニングでは美しくできない部分には、セラミックを用いることをおすすめ致します。

セラミック治療を行う際に、真っ白なセラミックを選択されると、天然の歯との色の違いが目立ってしまう場合があります。その場合は、天然歯にホワイトニングを行い、セラミック歯との色合いをあわせることで、全体の白さが統一された、美しい歯にすることができます。

お口の状態をみて、適した方法を行うことが大切です。ご自分の歯の状態の確認や、どのような処置内容が適しているかなどについては、審美歯科の医院へご相談下さい。

セラミックの特徴と、治療材料の選び方

セラミック6

セラミックは体に優しい優れた歯科材料です。

虫歯の治療や、過去の治療物が使用できなくなった場合などには、セラミックで治療することが理想的です。

歯の一部を白く補いたい場合には、セラミックの他に、レジン(歯科用強化プラスチック)という材料があります。 レジンも悪い材料ではありませんが、劣化の問題があります。

時間の経過につれ、 徐々に黄ばんできてしまうことと、劣化した材料と歯の隙間から、虫歯の再発が起こりやすいことが、レジンの留意すべき点です。

金属、レジン、セラミック、それぞれの歯科材料の特性を理解し、お口の状態等によって、適した治療を選択されることをおすすめ致します。

ホーム>セラミックによる審美治療

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional